北海道旭川市の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科の病院
ホーム > 施設・設備 > 検査機器
検査機器のご紹介
一般撮影
当院のシステムは、最新鋭のX線撮影装置、ワイアレスFPDを導入し 、検査時間・待ち時間の短縮、高画質の画像、被曝の低減(従来の半分程度)が可能な装置を導入しております。また、撮影後すぐにPACSへ画像を転送します。
診察の際には見たい画像を拡大・計測の機能を利用し、患者さんにより解りやすい説明をする事が可能になっております。
FPD専用長尺用システム
下肢全長写真(膝関節の手術用計測)・脊柱側弯症の検診などにも対応できるようにFPD専用の長尺撮影ユニットも導入しており、様々な撮影が可能な環境を整えております。
全身用ボリュームCT装置
当院では高精細・低被曝のCT装置を導入しております。
検査はベッドに寝ているだけで終了します。
1回の撮影で同時に複数の画像が取得でき3D画像や4D画像の作成も可能な装置です。
X線骨密度測定装置
従来は、左手関節付近で測定する装置を使用していましたが、現在は、全身の骨密度を測定出来る装置を導入しております。
*当院では、骨粗しょう症により骨折が生じ、寝たきりの原因ともなりうる腰椎・両股関節の測定を実施しています。
検査は寝た状態で行い、約5分程度で終了します。
四肢専用MRI
MRIの新しい概念です。検査時の快適性を、最大限に考えられたつくりになっています。リクライニングチェアに座って頂き、体型や状態に合わせてリラックスした姿勢で検査を行えます。体全体を装置内へ入れないため、不安やストレスの少ない検査が可能な装置です。上肢では、肘から手先(指)まで、下肢は膝から足先(足趾)までの部位のみ撮影できます。半月板の損傷、靭帯損傷、指先のガングリオンといった小さい腫瘤も詳細な画像が得られます。
オープン型全身用MRI
全身用MRIは、オープン型ですので、閉塞感が少なく、閉所恐怖症の方も安心して検査を受けて頂けます。気になる方は一度見に来てください。
また、小さなお子様も、室内で保護者の顔を見ながら、安心して検査を行えます。
主に、脊椎(首の骨、背骨、腰の骨)・股関節・肩などの部位の撮影に利用しております。ヘルニアや、脊柱管狭窄症、圧迫骨折、腱板断裂など、さまざまな疾患の画像が得られます。
MRIについて
MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの略で、磁気共鳴画像といいます。
原理は、人の体が約60パーセント水分でできていることを利用し、体の中の水素原子に、電磁波をあてることで、反応(共鳴)したものからでる微弱な電流を利用して画像にします。
ですから、放射線被曝の心配はいりません。
MRIは安全で、確かな検査です
MRI画像
  • 【頚椎Sag T2wl】
  • 【膝関節Col T2*(スター)wl】
  • 【腰椎Sag T2wl】
  • 【肘関節Col T2*(スター)wl】
MRI検査・生理検査(術前検査、エコー検査)などの
詳しい説明はこちらのPDFファイルからご覧ください